本を買うよりダンゼンお得♪980円で1ヶ月読み放題!

商品が売れないと悩んでいる方必見!売れる商品に変える暴露本を教えます

 

あなたはなぜ自分の商品が売れないのか

考えたことがありますか?

 

その答えはたったひとつ。

 

それは、いらないことを

たくさん言い過ぎているからです。

 

商品の良いところをあれもこれもと

いっぱいお客様に伝えたいから

いらない言葉で商品が

ごちゃごちゃになってしまってるんです。

 

ではここで、お伺いしますが

あなたは自分の記憶力に

自信がありますか?

 

年を重ねれば重ねるほど

記憶力の低下が気になるものですよね^^;

 

人間の脳は、いくらでも無限に

情報を詰め込めるわけではなく、

「不要な情報だ」と判断すると

本能的に廃棄しているそうです。

 

例えば、月初の社内全体の朝礼で

社長が「今月の目標」を語ったりすると、

多くの社員の脳はそれを

「不要な情報だ」と判断しています^^;

 

つまり、雑音のように聞こえる情報は

本能的に耳を塞ごうとするため、

記憶にも残らないわけですね。

 

では、

部下にしっかり聞いてほしいスピーチを

しっかり聞いてもらうためには

どうすればいいのでしょうか?

 

1つだけ、

簡単な方法をお伝えしますね。

 

それは、

「何を言うか」ではなく、

「何を言わないか」を決めることです。

 

例えば、インターネットの

ブログでも同じことが言えます。

 

ダイエットブログの中に

「オススメのトンカツ屋!」など

反対の情報がまぎれていたりすると

どうでしょう?

 

「痩せたいのに、

なんでトンカツ屋を紹介するんだ?!」

と読者は混乱し、

興味をなくしてしまいます。

 

情報を発信する側の立場で言えば、

より多くの有益な情報を

相手に伝えたいのでしょうが、

あまりに多くの情報を詰め込むと

逆効果になることがあります。

 

あなたの伝えたい情報を

相手にわかりやすく伝えるために

削れる情報はないか」を

ぜひ、見直してみてください。

 

あなたのメッセージを

お客様の記憶に残すコツは

「相手が主役」と言う考えを持ち

要らないことは言わないことです。

 

このポイントを意識するだけで

相手の反応が面白いように

変わってきますよ。

 

具体的な実践方法は

こちらの書籍に詳しく解説されています。

>>「ストーリーブランド戦略」の中身をのぞいてみる

 

もし、あなたが

自分の商品に自信があるのに

お客様からの反応が悪かったり

宣伝が苦手だったりするなら

ぜひ、ここをクリックして

テクニックを盗んでくださいね。