キンドル出版の日本一カンタンなマニュアル

kindle
★無制限メールサポート付★

>>キンドル出版の教科書はこちら

 

『オタク』『マニア』『フェチ』を狙え!

こんばんは。【起業魂】後藤あゆみです。

 

最近、あなたは

どのような本を読みましたか?

 

今、日本でどんな電子書籍が売れているかは

キンドルストアの売れ筋ランキングを見れば

一目瞭然でわかります。

Kindle本の売れ筋ランキングはこちら

 

ですが、はっきりいって

日本でどのような本が売れていようと

初めて電子書籍を出版する人にとっては

あまり影響はありません。

 

なぜなら、

誰がどんな本を売っていようが買っていようが

まずは、自分の書籍を完成させて

キンドルストアで販売することが

何よりも重要だからです!

 

実際に

キンドルストアに並べてみないことには

その電子書籍自体が

読者に必要とされているのかどうか

わかりませんからね。

 

ですが、安心してください。

 

電子書籍を作成して販売するときには

誰にどんな情報を伝えたいのか

購入者のターゲット像と書籍のコンセプトが

ブレていなければ絶対に売れます!

 

その書籍のコンセプトがどんなジャンルでも

購入者のターゲット像が明確であれば

『確実に売れます』と断言できます^^

 

なぜ、こんなに自信満々に

断言できるのかというと・・・

 

普通の一般人には決して理解できない

『オタク』の世界がそれを証明しています。

 

ですので、

電子書籍を確実に販売に繋げるには

『読者ターゲットを明確にすること』

↑これ、とっても大事↑

 

そして、昨日のメルマガでお話しした

「あるある本が売れる理由」が

判明するワケです^^

 

あるある本は、何か特化した体験談を

おもしろおかしく文章にしたものですが

それを読みたいと思う読者はどんな人でしょう?

 

ネコあるあるなら「ネコ好きの人」

野球あるあるなら「野球好きの人」

大阪あるあるなら「大阪人」

 

というように、

その人が書籍のターゲット像になるのです。

 

そして、その書籍を読んだ読者と

執筆者のあなたの間には

「わかりあえる」「つながっている」

という『共感』が生まれます。

 

お互いの心の中に『共感』が生まれると

たとえ知らない間柄であっても

すぐに距離が縮まり

信頼関係を築くことができるのです。

 

「信頼関係を築くこと」

 

これができれば、

ビジネスで収益を上げることも

難しいことではありません^^

 

参考までに

キンドルストアの売れ筋ランキングには

カテゴリ別の売れ筋ランキングも見られますので

あなたのライバルとなる書籍を

リサーチするときに活用してくださいね。

 

ですが・・・

 

売れる電子書籍は

購入者のターゲット像と書籍のコンセプトが

バッチリあっているだけでは

残念ながらパワー不足なんです。

 

いくらターゲットの選定と

書籍の内容がパーフェクトであっても

ある『2つの問題』が解決しないことには

販売数を伸ばすことができません。

 

さて、その『2つの問題』とは・・・!?

 

それは、また明日以降のメールで

お伝えしますね。