スポンサーリンク
\日本一カンタンなキンドル出版の手順書/

●キャプチャ画像で出版作業を迷わない
●ムダのないワードテンプレート付き
●売れるキンドル本の考え方がわかる
●この1冊でキンドル出版を完全網羅

キンドル出版の教科書【キン☆サポ】
>>内容を詳しくみる

 

投資の神様が大損失!巨額赤字の理由とは

NEWS!━━━━━━━━━━━━━━━
3月15日まで期間限定
ネット収入『確定申告セミナー』動画を
★無料で公開中★こちらからみてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたは「投資の神様」と呼ばれている
ウォーレン・バフェット氏を
ご存知でしょうか?

自分でビジネスをされている起業家の方や
ネットビジネスに取り組まれている方なら
一度くらいは名前を
聞いたことがあるかもしれませんね。

ウォーレン・バフェット氏は
自分がわかる事業や企業の株を安く買い、
それが徐々に値上がりするまで
長期保有で成長を待つ投資家として有名で、
多くの投資家がその手法を取り入れています。

ですが、
そんな「投資の神様」が得意とする手法が
いよいよ時代についていけなくなってきた
と言う事実が発覚しました!

と言うのも、
アメリカの大手食品会社ハインツの株価が
大きく下落したことなどが原因で
バフェット氏の率いる投資会社が
2018年第4四半期の決算で
約2.8兆円の巨額赤字を出したのです。

その巨額赤字の原因とは・・・?

ズバリ、成長が期待できる企業が
「わからないもの」だったからです!

今の時代、IT技術の発展は
超スピードで進歩しています。

そのため、値上がりの期待できる株が
時代の最先端を行くIT関連銘柄に
集中している傾向があります。

つまり「自分がわかる事業」だけを
追いかけていたがゆえ、世界経済の速い動きに
対応できなくなっていたと言うわけです。

これは、投資だけでなく、
私たちが取り組むインターネットを使った
ビジネスにおいても同じことが言えますね。

広くアンテナを張り、
たくさんの情報を仕入れて、いかに
「わかるものを増やして変化を察知できるか」
がとても大切です。

そして、正しい情報と詐欺情報を見極めて
しっかりビジネスを成長させていきましょう!