本を買うよりダンゼンお得♪980円で1ヶ月読み放題!

電子書籍デビューでアマゾンキンドル出版の超破格の印税をカンタンに稼ぐ方法

本を出版してお金を稼ぐ方法の1つに
印税収入」があります。

著名人や有名な作家の人たちが、
「印税で生活している」なんて言っているのを聞くと
優雅でうらやましく感じてしまいますよね。

ですが、あなたは書籍(印刷本)が売れると、
1冊あたりいくらの印税が手に入るのか
ご存知でしょうか?

印刷された書籍の印税は、
一律に決まっている訳ではありません。

大手出版社の場合、
消費税を除いた書籍の
販売価格の10%が通常のようです。

ですが、中小出版社や
販売部数が多く見込めない作家の場合、
最低で5%ほど、
10%を切ることもあるそうです。

逆に、売れっ子の作家は
さらに3%ほどの上乗せもあるとか。

でも、もっと高い印税が手に入る
書籍の販売方法があるんです。

それが、私のオススメする
アマゾンキンドルストアでの
電子書籍の販売です。

アマゾンキンドルストアなら
なんと、販売価格の70%の印税を
受け取れます!

10%どころの話ではありません笑

 

たとえば、本屋さんで
800円で販売されているビジネス書が1冊売れた場合、
通常なら10%の80円が印税として著者の手に入ります。

ところが、同じ内容の本を電子書籍にして
アマゾンキンドルでKDP出版(セルフ出版)すると、
1冊売れたら最大で70%の560円が
ロイヤリティ(印税)として手に入るのです。

Amazon Kindleストアでは、
電子書籍の販売価格の35%か70%のロイヤリティを
どちらか選ぶことができます。

70%のロイヤリティを受け取るためには、
AmazonのKDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング)で
KDP セレクトに登録するなどの諸条件がありますが、
それにしても70%の印税はとても大きいですよね。

たとえ、35%のロイヤリティを選択しても
印刷物の10%の印税の350%アップです!

KDP セレクトについては
別のページで詳しく説明していますので
参考にしてみてくださいね。

>>キンドル本を出版したらメリット満載のKDPセレクトに登録しよう

 

電子書籍の市場規模は、
2017年で前年比13.4%アップの2241億円。

さらに、2018年以降も
ゆるやかに拡大すると予測されています。
(株式会社インプレス『電子書籍ビジネス調査報告書2018』による)

このように、急成長中であり
これからも成長が期待できる電子書籍は
ビジネスに欠かせない重要なメディアなのです。

「いつか出版したいな〜」と
空想している場合じゃないですよ(笑)

販売価格の70%もの印税が手に入る
Amazon Kindleのプラットフォームを
使わない手はありません。

電子書籍を販売するメリットをよく理解して
大きな印税収入を手に入れてくださいね。


電子書籍を出版することは、
あなたの想像よりもはるかにカンタンです!

こちらのマニュアルを1ページ目から
順番に作業して行けば
あっという間に1冊の本が出版できますよ。

ぜひ、参考にしてくださいね。