表紙デザイン:Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校 2時限目: ゲームを作りながら学ぶJava入門

kindle

\無料キャンペーン実施中/

Javaから楽しく学ぶ!
ゲームプログラミング専門学校

2時限目: ゲームを作りながら学ぶJava入門

2021年12月11日(土)17:00〜13日(月)16:59まで
完全無料で配布します

無料ダウンロードはこちらから

Amazonキンドルで絶賛発売中♪

\Kindle Unlimitedなら無料で読めます/

>>読み放題の登録はこちらから

 

【キンドル表紙デザイン】を承りました。

●タイトル:Javaから楽しく学ぶ!
ゲームプログラミング専門学校

●サブタイトル:2時限目: ゲームを作りながら学ぶJava入門

●著者名:ツナマヨ

●アマゾンASIN :B09N2KLVFN

 

●著者様からの内容紹介(キンドル販売ページより引用)

【Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校 2時限目】
ゲーム開発。

子供の頃、憧れた世界に大人になった今でも密かに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。

ゲームを作りたいからプログラミングを学ぶという方も多いと思います。それだけゲームは人々を夢中にさせる要素が詰まっています。

ゲームプログラミングの難易度ははっきり言ってものすごく高いです。あるジャンルに特化した開発ツールを使えば難易度は下がりますが、そういったものを使わずに趣味の範囲で0から組み上げるのはある意味無謀です。

ですが、それは裏を返せば、ゲームプログラミングができれば他のアプリケーションを開発することができるということです。

本書は、ゲームプログラミングを通して、「アルゴリズムを考える能力」を身につけることを重点に置いています。

アルゴリズムとは、何らかの問題を解決するために考えられた手順や計算方法のことです。

これから開発したいプログラムをどのように実装するか、それを導き出すことができるかどうかがプログラミングで最も重要な要素になります。

もちろん、ただ動けば良いというわけではありません。無駄がなく効率が良いアルゴリズムを組むことも求められます。

例えば、電車の乗換検索アプリの開発を依頼されたとします。

目的の駅までどのように乗り継けば、一番早く着くのか。最も安くなるのはどのルートか。

それらを導き出すアルゴリズムを組めないと、乗換検索アプリは完成できません。

ゲームプログラミングはその「アルゴリズムを考える能力」を最も効率よく育てることができます。

本書を読み終えたころには、ほとんどの業務アプリケーションをプログラミングできるスキルを身につけたと思って頂いても構いません。

もちろん、Javaが提供しているクラスの全てを使用するわけではありませんので、API仕様書などのドキュメントは手放せませんが、業務ロジックを組み上げることは、よほどの高難易度なものを除いて、できるようになっているでしょう。

しかしその分、難易度は高いです。

【本書の対象者】
本書は、「Javaから楽しく学ぶ!ゲームプログラミング専門学校」からの続編となっています。

そのため、上記本をご一読頂いていることを前提として執筆しております。

ただ、前書から章立ては独立しており、開発環境の構築方法やJavaに関する基本知識を既にお持ちの方であれば、本書からでも読み進められるように構成しております。

【本書の構成】
本書は、Javaを使ってオセロゲームを作成していきます。

まず前半部分では、再帰呼び出しやGraphicsクラスを使った描画処理といったオセロゲームを作成する上で必要となる前提知識を学んでいきます。

そして後半は実際にサンプルコードにそってオセロゲームを作成していきます。

難易度は高くなりますが、途中で置いてけぼりにならないよう、サンプルコードを小分けにして、少しずつ機能を実装していきます。

最後に「コンピュータ対戦機能」を実装するために必要な考え方を学びます。

内容については、かなり踏み込んだところまで書いており、筆者としても挑戦した書籍になっております。

一方、Javaについての理解を深めるという点では、本書の内容だけでは不足しています。

途中、理解できない部分が出てくるかもしれませんが、とりあえずサンプルコードにそって先に進めてみてください。

全体像が見えてない段階で、ひとつひとつを掘り下げすぎると、学習の効率を下げることもあります。

初めは広く浅くJavaについて見ていき、Javaのイメージが整ってきたら、更に掘り下げた内容まで見ていくといった学習方法が最も理想的だと考えます。

また、他人のソースをあれこれ改造しながら、Javaについての理解を深めていくこともプログラミング学習方法として、とても良い方法です。

本書に掲載しているサンプルコードでも、他で手に入れたものでも良いので、ぜひそのような学習方法も実践してみてください。

本書を通してプログラミングについて少しでも興味を抱いて頂ければ幸いです。

【サンプルコード】
本書内で記述しているサンプルコードはすべてダウンロード可能です。

ご覧になる端末によってはソースコード表記部分のレイアウトが一部崩れてしまうことがあります。読みにくいようであれば、大変恐縮ですが、パソコン等、大きな画面の端末でお読み頂きたく存じます。

可能であればサンプルコードをパソコンにダウンロードして頂き、それを参照しながら本書を読み進めて頂けますと幸いです。

こちらから購入できます

 

●表紙デザイン:【起業魂】後藤あゆみ