スポンサーリンク
キンドル出版の日本一カンタンなマニュアル

\キンドル 出版サポーターがお手伝い/
★永久メールサポート付き(無制限)★

>>キンドル出版の教科書はこちら

 

キンドル表紙デザイン:コミュニケーション能力の課題が分かる本3|ビジネスシーンで使える「相手に喜ばれる交渉術」の5ステップ

kindle

【キンドル表紙デザイン】を承りました。

●タイトル:あなたの・・・コミュニケーション能力の課題が分かる本3

●サブタイトル:ビジネスシーンで使える「相手に喜ばれる交渉術」の5ステップ

●著者名:い〜さぽ

●アマゾンASIN :B09HJZ5L1L

●著者様からの内容紹介(キンドル販売ページより引用)

「交渉力」はビジネスにおいて大切なスキルですが、その「交渉力」における自分の課題を把握していますか? そんな課題が分かるのが、この本です。

そして大切なことは「交渉力」にはステップがあるということです。
ここでいうステップとは段階のことで、この本では、事例と共に5つのステップをご紹介しています。

そしてこの本では、相手を「説得」し「説き伏せる」ような「交渉」ではなく、相手に喜ばれる交渉術」をご紹介します。

※この本は2020年に出版した「知って得する・・・相手に喜ばれる交渉術」の改訂版になります。

「交渉」を通して、相手が喜んでくれて、結果的に自分も嬉しくなったら最高じゃないですか!?

まずは、何事においても成長するためのポイントが2つあります。

それは・・・
①必要なステップを知ること
②自分の課題を知ること

この本を読むと「交渉」における、あなたの課題が分かります。

そして「相手に喜ばれる交渉術」においては、次の5つのステップがあります。

①相手をイメージすること
交渉相手がどんな人であるかを分かっていないと、交渉は上手くいきません。

②人間関係を構築すること
初対面で一定の人間関係が構築できないと、交渉は次のステップに進めません。

③相手が困っていることを知ること
「相手に喜ばれる」ためには、相手が「何をされたら喜ぶか!?」を知らないといけません。

④相手の欲求を知ること
相手の欲求を知るためには、相手がこの人なら話してもいいと信用してくれないと、打ち明けてくれません。

⑤決断を後押しすること
人は「変わる」時には、大きなエネルギーを必要とします。
なぜならば人は「変わる」ことに恐れを抱くからです。
でも本当はその先に「大きな喜び」が待っているのです。

・・・・・・・・・・・

「交渉」と聞くと、多くの人は「交渉をするなら負けたくない」だから「勝つ術を知りましょう」と思うのではないでしょうか?
私も昔はそうでした。

しかし、交渉は勝ち負けだけではありません。

この「相手に喜ばれる交渉術」は、相手を負かすのではなく相手に喜ばれるものです。

「相手に喜ばれる交渉術」というタイトルをつけたこの本では、基本的なことを体系的に捉える大切さを、多くの方に知っていただきたいと思っています。

「交渉」と聞くと「難しい」とか「限られた人の話」というイメージを持つ人が多いかもしれません。

例えば「○○流」とか「負けない○○」とか「一流の○○」というキーワードで語られる「交渉術」が多いですし、私も好きでよく読みます。

しかし、この「相手に喜ばれる交渉術」は限られた人にしか活用できないものではなく、ビジネスではもちろんのこと、日常会話や親子の会話の中でも活用することができますので、ぜひ楽しんでいただければと思います。

私が「交渉術」に興味と関心を持ったきっかけは、20代で経営コンサルタントの仕事を始めたことでした。

経営コンサルタントは、物売りではありません。
形の見えないサービスを販売しますし、その基本単価は1,000万円を超えることがほとんどです。

自分の親と同じくらいの年齢である経営者と話す時に、知識だけでなく「交渉術」の大切さを実感しました。

信頼関係を構築し、この人に未来を託してもいいと認めてもらわないと、交渉は成立しないのです。

また「正しいこと」だけを言っていても、交渉は成立しません。

「あるべき論」で左脳に訴えるだけでは、交渉は成立しないのです。

相手が何に困っていて、これからどうしたいのかという気持ちをキャッチしながら、交渉を進めていく必要があります。

そして「これからどうしたい」という部分は、潜在意識にあって本人さえも気づいていない場合もあります。
交渉を進める中で、潜在意識の欲求に本人が気づくこともあります。

それは本人にとってみたら、とても嬉しいことなのです。
つまり、交渉相手が喜ぶということなのです。

だからこの本のテーマは「相手に喜ばれる交渉術」なのです。

この本を書いたきっかけは、交渉ということについてもっと身近に感じていただいて「交渉術」を身につけ、それぞれの人生でもっと有効に活用していただきたいと思ったことです。

事例と共に紹介していますので、ぜひぜひ楽しく色々なことを想像しながら読んでみてください。

 

こちらから購入できます

 

 

●表紙デザイン:【起業魂】後藤あゆみ