売りたい商品をお客様に覚えてもらうコツ【セールスコピーテンプレつき】

あなたは自分の記憶力に自信がありますか?

年を重ねれば重ねるほど
記憶力の低下が気になるものですよね^^;

人間の脳は、いくらでも無限に
情報を詰め込めるわけではなく、
「不要な情報だ」と判断すると
本能的に廃棄しています。

 

例えば、月初の社内全体の朝礼で
社長が「今月の目標」を語ったりすると、
多くの社員の脳はそれを
「不要な情報だ」と判断しています^^;

 

つまり、雑音のように聞こえる情報は
本能的に耳を塞ごうとするため、
記憶にも残らないわけですね。

 

実は、このような事例は
会社のお偉いさん方のスピーチに限らず
インターネットでもたくさん見られます。

 

商品情報が満載のWEBサイトや
いろいろな話題が
ごちゃ混ぜになったブログなど
何が大事なのかよくわかりません。

 

発信者があまりにも
多くの情報を詰め込むと、
受け取る方は脳を使って
その情報を整理しなくてはなりません。

結果として、受け取る方は
考えることがめんどくさくなって
興味を失うという状況になります。

 

逆に、
将来がすぐにイメージできる
カンタンでシンプルなメッセージは
相手の関心を引きやすく
「欲しい!」という意識に
到達させることができるでしょう。

そして、相手から真っ先に
思い出してもらえるブランドになり
売上を一気に伸ばすことが可能になります。

 

では、相手にとって
1番のブランドになるためには
どうすればよいでしょうか?

 

1つだけ、
簡単な方法をお伝えしますね。

 

それは、
「何を書くか」ではなく、
「何を書かないか」を決めることです。

 

例えば、ダイエットブログの中に
「オススメのとんかつ屋!」など
痩せる目的とは反対の情報がまぎれていると
読者は混乱して、興味をなくしまいます。

ブロガーの立場で言えば、
より多くの有益な情報を
読者に伝えたいのでしょうが、
あまりに多くの情報を詰め込むと
逆効果になるのです。

 

あなたのブログや媒体を
わかりやすくするために
「削れる情報はないか」
ぜひ、見直してみてください。

そして、あなたのメッセージを
相手の記憶に残すコツが知りたいなら
ぜひ、こちらのページを見てください。

→相手の記憶に残すコツ

 

この書籍には、
ネットで商品を売るための
セールスコピーのテンプレがついています。

売れるセールスコピーを書くには
この本で紹介されている
テンプレを使って
7つの項目を埋めるだけでOK!

 

7つの項目を埋めるだけですので
ムダな情報を加えてしまったり
何を書こうか迷うこともなくなります。

相手の記憶に残る
強力なメッセージが書ける超簡単な秘密は
この本に全て書かれています。

ブログやセールスコピーを書いている方は、
ぜひ、ご自身の定番テンプレとして
活用してくださいね。

→こちらから入手できます。